召喚システム

召喚システムの紹介

DNAxCATの召喚システムは、現実世界における生物の子孫の生殖に似ていますが、性別に関係なく、2匹の猫の組み合わせで新しい猫を召喚することが可能です。猫の数が増えすぎないように、猫召喚の回数を1匹あたり最大7回まで年、猫召喚の回数が増えると召喚コストも高くなります。

召喚方法は?

卵はどのように召喚しますか?

遺伝・突然変異について

召喚されたニャンコ戦士は、「親」の容姿やエレメント、属性値、スキルなどを基に遺伝や突然変異を起こします。一般的には、「親」の基本情報が優れているほど、良質な子孫を残す確率が高くなると言われており、従来の遺伝学と同様です。

継承:召喚した2匹の猫の特徴が一部継承されます。

突然変異:予期せぬ機能が現れます。

予期せぬ機能が現れます。例えば、Seijiのパッシブスキルで敵にダメージを与える際に、敵のアルティメットスキルを封じることがありますが、セイジは単体攻撃しか持っていません。もし、Seijiが召喚した猫がグループターゲット攻撃を持っていれば、その子孫は運よくアルティメットスキルを封印できるパッシブスキルを継承し、グループターゲット攻撃の究極スキルも継承します。なので、この点での猫は完璧なのです。

確率

ジェネシスキャットが両親:突然変異の確率が高い

ブレイブキャットが両親:突然変異の確率が低い

ブレイブキャットとジェネシスキャット:突然変異の確率は中。

Last updated